税金の青色、白色申告の違い

・帳簿の記入

青色、白色申告の違いとして青色は税金的に有利だけど面倒が増える、という認識の人も
多いと思います。
これは青色申告だと帳簿の記入が必須になってくることが大きいでしょう。
ただし、白色申告でも年間収益が300万を超えた場合帳簿の記入義務が発生するため、
労力はあまり変わらず税金だけ多く払うということになりかねません。

それに一昔前は帳簿というと面倒というイメージがあったかもしれませんが、今は便利なソフト
がたくさん出ているので初心者でも出来るしそこまで面倒ということはないはずです。
実際現在の統計によると個人事業を行っている人の50%以上は青色申告を行っているとのことです。

また、確定申告時に収支報告書を提出することで控除は65万円になりますが、提出しなくても
青色申告の申し出を事前にしていれば10万円の控除が受けられます。

税金の控除額

青色、白色申告の違いでもっともわかりやすく有益だと思えるのが控除額の違いでしょう。
白色は個人事業の場合35万円までの税金控除額ですが、青色申告だと65万円の控除が追加になります。
つまり65万円プラス35万円未満の利益だと税金はかからずそれ以上の稼ぎになっても65万円分の
課税金分得になるのです。

ただし、前述したように収支報告書を提出しなければ青色申告による追加控除は10万円だけに
なってしまうので、少し面倒でもしっかり記帳をしておいたほうがいいでしょう。

青色申告の申請書提出期限

1月1日~1月15日までに開業した場合はその年の3月15日まが期限になり
1月16日以降に開業した場合は開業日から2ヶ月以内となっています。

また白色に戻したいという場合もその年の3月15日までに申請する必要があります。

所得の種類

青色申告ができるのは「事業所得」「不動産所得」「山林所得」のみとなっています。
そのためサラリーマンの給与は対象となりません。

しかし副業で得た収入が「事業所得」「不動産所得」「山林所得」に当てはまる場合は
青色申告が行えます。

贈与税について 個人事業を法人化した時の違い 税金と確定申告
株やギャンブルの税金 退職金について 利益の計算式と解説
青色、白色申告 損益分岐点とは、計算式と利益の分析 消費税の免除
所得税と税額表 障害者と税金 失業保険の条件による
金額など-ハローワーク
住宅ローンの固定と
変動契約時の金利
交際費と経費のこと 経費にならない例
法人税とは、知識と対策 減価償却費とは 減価償却費の計算法
住宅ローン、
審査基準と諸費用
小規模企業共済制度
の節税とデメリット
配偶者控除
お金を増やす方法 ギャンブルの還元率一覧 源泉徴収、年末調整とは
マイホームと賃貸 自己破産 贈与控除
養育費 駆け込み需要 世帯別の生活
預金、銀行利息 軽自動車 法定利息の上限
相続と保険 TOP