自己破産のメリットとデメリット

自己破産とは

裁判所で全ての債務を免除してもらう手続きです。

必要最低限の財産が処分される

具体的には99万円以上の現金、20万円以上の財産(不動産や株式など)は処分されます。
処分といっても捨てられるわけではなくこれは債権者に分配されることになります。
もちろんそれで足りないから自己破産をするわけでお金を貸した側からすると恨みが
残ってしまうでしょうが。

ブラックリストに登録される

ブラックリストとは個人の信用情報リストのことで消費者金融や銀行はお金を貸す前にその人が
このリストに載っていない事を確認してから審査をします。

つまりブラックリストに載っている人はお金を借りる事が出来ません。
普通に考えたら一度借りたお金を返せない、と踏み倒したのだから当然ですが、ブラックリストは
永久に登録されているわけではなく10年もすれば抹消されるためそれ以降はまたお金を借りる
審査を受けることが出来ます。

職業に制限がつく

銀行関係や消費者金融など他人の財産に関わる仕事につけなくなります。
しかしこれも永遠ではありません。一定期間です。

自己破産のメリット

借金がゼロなるため返済に追われることもなく取り立てを受けることもなくなります。

しかし借金を返済できなくなった理由がギャンブルや遊び、最初から自己破産目的だったなど
の場合は利用できない事もあります。

税金知識のページ 個人事業を法人化 利益の計算式と解説
損益分岐点 失業保険 住宅ローン金利
交際費と経費のこと 減価償却費とは 減価償却費の計算
住宅ローンの
審査基準と諸費用
小規模企業共済制度 お金を増やす方法
ギャンブルの還元率一覧 源泉徴収とは マイホームと賃貸
離婚 駆け込み需要 世帯別の生活
預金、銀行利息 軽自動車 法定利息の上限
TOP