法定利息の上限とグレーゾーン金利とは

法定利息とは

消費者金融業者などでお金を借りると利息をとられることになります、そして
その利率は業者によって異なるのが普通ですが、かといっていくらでもそれを
引き上げていいわけではありません、法律で上限が決まっているのです。

その上限は29.2%でそれを超えて貸し出しをすると違法となります。

ただ、この29.2%は貸金業法の改正前で、平成22年6月18日の改正貸金業法の
完全施行がなされ、出資法の上限金利は20%に引き下げられ、
消費者金融などが貸し出しをしていたグレーゾン金利が撤廃されました。

グレーゾーン金利とは

29.2%を超えると違法ですが、実は利息制限法というのがあり、15~20%を超えて
貸し出した分は返還しなくてはいけないと決まっています。

この29.2~15%までの間が犯罪ではないが制限法にひっかかっているという
グレーゾーン金利なのです。
ちなみに15~20%となっているのは元本が10万円未満の場合は20%、100万円未満の
場合は18%、100万円以上の場合は15%となっているためです。

実際にはこれを超えて貸し出しをしても、借りる人が同意をしていれば問題なく、
それをみなし弁済規定というのですが、裁判など法の場に持ち出されると過払い金
として返済しなくてはならないのです。

現在過払い金請求が行われている事例のほとんどがこのグレーゾーン金利で貸し出し
をしていた消費者金融に対しての請求です。

税金知識のページ 個人事業を法人化した時の違い 利益の計算式と解説
損益分岐点 失業保険 住宅ローンの固定と
変動契約時の金利
交際費と経費のこと 減価償却費とは 減価償却費の計算法
住宅ローン
審査基準と諸費用
小規模企業共済制度 源泉徴収とは
マイホームと賃貸の比較 自己破産のメリット 養育費
世帯 預金、銀行利息 軽自動車
相続と保険 TOP