消費税引き上げと駆け込み需要

消費税が上がるとわかっていればもう購入すると決めているものはその前に買った方が
得だと考える人が多いと思います。

特に自動車や不動産のような高い買い物は数%税率が上がっただけでも痛い出費となるので当然
そう考えるでしょう。

それは基本的には正しいのですが、不動産のような買い物は必ずしも
消費税が上がる前の駆け込み需要の時期に購入する方が得だとは限らないのす。

なぜなら物の価値は需要があるほど高くなり、需要がなければ下がっていくものだからです。

みんながみんな駆け込み需要の時期に不動産を買えば消費税が上がった後は誰も買わなくなります。
つまり需要が落ち込むためしばらくすると価格が下がっていくことが予想されるのです。

また、営業の方も物が売れにくくなって営業成績の目標達成に必死でしょうから値切りも
しやすくなることが考えられます。

うまくいけば消費税引き上げの分を考えても駆け込み買いよりお得な買い物が
出来るかもしれませんね。

また、日本経済的に見ると、駆け込み需要は消費税引き上げの前年の消費押し上げとなり、
一時的に景気がよくなりますが、次の年には大きな買い物をあらかた済ませてしまったのと、
消費税引き上げによる買い控えが重なって急激に不況が進む原因ともなってしまいます。

税金知識のページ 個人事業を法人化した時の違い 利益の計算式と解説
損益分岐点とは、
計算式と利益の分析
住宅ローンの
審査基準と諸費用
失業保険の条件に
よる金額など-ハローワーク
住宅ローンの固定と変動契約時の金利 交際費と経費のこと 減価償却費とは
減価償却費の計算法 小規模企業共済制度
の節税とデメリット
お金を増やす方法一覧
ギャンブルの還元率 源泉徴収 マイホーム
自己破産 離婚、財産分与 世帯別の生活
預金、銀行利息 軽自動車 法定利息の上限
相続と保険 お金の知識TOP