税金の確定申告の方法について

・期間

申告期間は2月16日から3月15日で去年の1月1日から12月31日までの1年間に生じた所得
が対象となります。
正確には申告期間は所得税が3月15日まで、消費税が3月31日までとなっています。

確定申告の方法は税務署にて申告書をもらってきて記入するか、ホームページにて
用紙をダウンロードして印刷することもできます。

書き方が分からない人は必要な書類を持参した上で申告期間中に各地域の指定
された会場にて教えてもらいながら書けるところが設置されてあります。

確定申告を忘れた場合

万一確定申告を忘れてしまった、もしくはなんらかの理由で出来なかった場合はできるだけ
早く申告しないと損をする可能性があります。
それは確定申告を忘れた場合、無申告加算税というよけいに納付しないといけないお金が
発生する可能性があるからです。

その内訳は50万円までは15%、50万円を超える部分は20%となっています。
これは期限内に届出なかった場合もかかりますが、期限後でも税務署の調査を受ける
前ならいくらか減額されます。

在職者と退職者

会社勤めをしていると源泉徴収という形で会社が年末に税金調節を行ってくれるため社員は
特に書類記入以外面倒な事をしなくてもよくなっています。
ただし副業として年間20万円以上の利益があれば申告が必要になります。

また、会社を退職した場合は、当然年末調整が行われないので個人で行う必要がありますが、年末までに
別の会社に再就職をすれば再就職先の会社が年末調整を行ってくれます。
年末調整では収めすぎた税金が戻ってくることも多いため年末までに就職をしなかった人は
面倒でも自分で確定申告をしましょう。

それに多めの金額で納税されたままだと来年支払う住民税も多くなってしまうので、やはり損を
してしまうわけです。

税金知識のページ 個人事業を法人化した時の違い 利益の計算式と解説
損益分岐点 失業保険 住宅ローンの固定と
変動契約時の金利
交際費と経費のこと 住宅ローンの
審査基準と諸費用
減価償却費とはなにか
減価償却費の計算法 小規模企業共済制度 パートと配偶者控除
お金を増やす方法の一覧 源泉徴収とは ギャンブルの還元率一覧
源泉徴収とは マイホームと賃貸 自己破産
離婚、養育費や財産分与 駆け込み需要について 世帯
預金利息 軽自動車 法定利息
相続と保険 TOP