住宅ローンの固定、変動金利とは

住宅ローンの固定、変動払いとは

住宅ローンの支払い方式には固定、変動があり。
変動では支払いの金利を一定期間ごとに見直し、固定は一定ですので、契約するタイミング
が重要になります。

変動契約だと柔軟な対応ができそうだし会社に支払う金利が安めに設定されてあることが多く
人気のようです。

固定契約は金利が低い時に契約をすれば、その後に利息の支払いが増える心配がないという
メリットがあります。
そのため、金利が低いときに固定契約をするという方法もありますが、住宅ローンの固定金利は
変動型よりも高めに設定されていることが多くなっています。

変動支払いのリスクとは

一見柔軟で金利が最初低く設定されるため有利に思える変動支払いですが、固定にはないリスクも
あるようです。

それは固定支払いは途中で金利が上昇しても完済まで支払額が変化することはありませんが、
変動の場合は突然の上昇により総支払額に影響を及ぼす可能性があるという事です。

せっかく金利が安いからと変動にしたのに途中で上がってしまい、10年ローンのうち半分以上は
高い金利を払わされた、なんてこともあります。

変動支払いにしているひとはしばらく金利が上がることはない、とみているか、もしくは
ローン期間が短い人に向いているといわれています。

逆にローン期間の長い人はいつ上がるかわからない金利のリスクを負うより安い時期に全期間固定
の契約をした方がいいとも言われています。

税金知識のページ 個人事業を法人化した時の違い 利益の計算式と解説
損益分岐点とは、
計算式と利益の分析
住宅ローンの
審査基準と諸費用
失業保険の条件
住宅ローンの固定と変動契約時 交際費と経費のこと 減価償却費とはなにか
減価償却費の計算法 小規模企業共済制度
の節税とデメリット
ギャンブルの還元率一覧
源泉徴収とは マイホームと賃貸 自己破産のメリット
離婚と養育費、財産分与 お金を増やす方法 駆け込み需要
世帯別の苦労 利息 保険
TOP