法人、個人事業主の交際費と経費の違い

・交際費とは

会社内での飲み会や、取引先との接待費など、仕事と関係のある交友費の
ことを言います。

これらは直接業務と関係のあるお金ではなくても経費として税金対策が
できますので、すべて記帳しておくようにしましょう。

・個人事業主の交際費

個人事業主では交際費は基本的にすべて経費として扱うことが出来ます。
もちろん友達や家族と旅行や食事にいったなどプライベートなものは含まれません。

経費になるのは仕事に関連するものだけです。
とはいえ業務に関連があると証明できれば上限なくすべてが経費にできます。

・法人の交際費

一方法人では交際費として扱える額は年間600万円までと決まっています。
つまり700万円交際費に使ったとすると100万分は仕事に関連があったとしても
すべて税金がかかってしまうのです。

さらに交際費として認められる600万円のなかでも10%は税金を納めなければいけません。
法人の場合実質交際費が経費になる上限は「540万円」までという事ですね。
これに関しては個人事業主のほうが有利なようです。

・サラリーマン

会社から雇われている社員が「交際費を使う」や「経費で落とす」というと
経費となるお金を最初は自腹で支払っておき、経理に領収書などお金を使った
証明をもっていき使ったお金を全額返してもらう、ということです。

経理はそのお金を経費として計算して節税に使うというわけです。

税金知識のページ 個人事業を法人化した時の違い 利益の計算式と解説
損益分岐点 障害者と税金控除 失業保険
住宅ローンの固定と
変動契約時の金利
減価償却費とは 減価償却費の計算法
住宅ローンの
審査基準と諸費用
小規模企業共済制度
の節税とデメリット
配偶者控除
お金を増やす方法 ギャンブル還元率一覧 源泉徴収、年末調整とは
マイホームと賃貸 自己破産のデメリット 離婚、養育費
世帯別の生活 預金、銀行利息 軽自動車
TOP