マイホームと賃貸の比較、メリットやデメリット

住む場所が変えられるかどうか

マイホームは建ててしまうともう住む場所を変えられません。あっちこっちに家を建てられるという
裕福な人はともかく普通に人は何十年もローンを組んで購入するでしょう。
そうなるとその場所に骨をうずめるくらいの気持ちを持たないといけなくなります。

それに比べ賃貸は気軽に引っ越しができます。
もちろん家電などの持ち出しは大変でしょうが引っ越し業者に頼めばいいし仮に解約料があったとしても
家賃の1,2ヶ月くらいのものでしょう。

費用

購入する物件、入居する賃貸によりますが、おおむね一生で支払う額が賃貸のほうが安くなるようです。

マイホームはローンを払い終えればその後毎月の出費が楽になりますが、ローン金利がかかりますし、
何十年も住んでまったく修繕費がかからないということもないでしょうから結局割高のようです。
ただし一括で購入ができるとしたらまた変わってくるでしょう。

資産として残るかどうか

賃貸は家賃を払い続けても一生自分のものにはなりませんが、マイホームは自分の資産としてずっと
保持することが出来ます。

ただし建物は購入した時点で大きく価値が下がり、リフォームしなければその価値は時間とともに下落
してしまいます。
土地は時間とともに値下がりするということはないですが資産税がかかるのがネックです。

自由度が違う

賃貸は借り物なため家具以外は基本そのまま使い続けなければいけませんがマイホームは建てる時に
いろいろ注文して自分好みにできますし、その後の改造も自由です。

ただ、持ち家はリフォームの自由度こそあるものの、老朽化で改修する費用は自分で出さないといけません。
賃貸はそれが利用者の原因でない老朽化による不具合などは賃貸人に費用を支払ってもらい
改修することができます。

税金知識のページ 個人事業を法人化した時の違い 利益の計算式
損益分岐点とは 失業保険 住宅ローンの固定と
変動契約時の金利
交際費と経費のこと 減価償却費とは 減価償却費の計算方法
住宅ローンの
審査基準と諸費用
小規模企業共済制度
の節税とデメリット
お金を増やす方法
ギャンブルの還元率一覧 源泉徴収とは 破産
離婚、養育費 駆け込み需要 世帯別の生活
預金、銀行利息 軽自動車 TOP