節税として経費にならないもの

経費、売上や所得から事業に利用した分の金額を引くことで節税できる要素です。
税金が減るのだからなるべく経費は多く申告したいものです。
とはいえ下記のような例は経費にならず節税はできません。

借入金の返済金 借金がある場合事業が儲かった時ほど多く返済すると
思いますが、借金はいくら返済しても経費にはなりません。
ただし利子は経費になります。
もちろん身内から借りた分はなりませんが。
違反による罰金 酒気帯び運転、駐車違反などで支払わされる罰金は経費に
なりません。
仕事に関連しない支出 仕事の打ち合わせで利用した食費などは経費になりますが、
自宅で食べた食費や仕事に利用していない家の家賃などは
対象外です。
健康保険料、年金 生命保険は掛け捨ての分に関しては経費になりますが、
健康保険、年金はなりません。
家庭用の自動車関連税 仕事用として使っている社用車のものは経費になりますが、
家庭用として使っているものは対象外です。
減価償却費 仕事で使う建物のない土地、建設中や稼働停止等で
実質上使われていない設備機器は経費対象外です。

税金知識のページ 個人事業を法人化した時の違い 利益の計算式と解説
損益分岐点 住宅ローンの
審査基準と諸費用
失業保険
住宅ローンの固定と変動契約時の金利 交際費と経費のこと 減価償却費とは
減価償却費の計算法 小規模企業共済制度
の節税とデメリット
お金を増やすために
ギャンブルの還元率一覧 源泉徴収とは TOP