消費税の免除事業者とは

・事業者の消費税免除

前々事業年度の収入が1000万円未満の場合に免除が受けられます。
初年度と2年目は初年度の収入が対象になるため1年目の収入は1000万円未満に
すると2年目の収益は関係なく免除になります。

また、起業したてで、基準期間が1年でない法人の場合は、基準期間中の課税売上高を、
基準期間に含まれる事業年度の月数で割った額に12を掛けて計算した金額により判定します。

仮に6月に事業を始めて半年間、基準期間があるなら、半年間の課税売上高を6で割ってから
12を掛けた金額により判定されます。

・非課税取引

土地を売却して得た利益や家賃収入などが有名ですが、他にも非課税取引と決められた
ものが対象です。例えば御祝儀・香典など
これらは消費するものとはいえないため、免除される対象なのです。

・免税取引

日本で使われない商品の売り上げは免税になります。
ようは海外へ輸入する場合は消費税がかかりません

贈与税について 個人事業を法人化した時の違い 税金と確定申告
株やギャンブルの税金 退職金について 利益の計算式と解説
青色、白色申告の利点、欠点 損益分岐点とは、
計算式と利益の分析
消費税の免除
所得税と税額表 障害者と税金 住宅ローンの
審査基準と諸費用
失業保険の条件に
よる金額など-ハローワーク
住宅ローンの固定と変動契約時の金利 交際費と経費のこと
節税として経費にならない例 法人税とは、知識と対策 減価償却費とは
減価償却費の計算法 小規模企業共済制度
の節税とデメリット
配偶者控除
お金を増やす方法 ギャンブル還元率 源泉徴収とは
賃貸のメリット 破産 贈与控除
離婚、養育費 駆け込み需要 世帯別の生活
預金、銀行利息 軽自動車 TOP