相続での保険金の扱い

相続での保険金の扱いですが、保険金というのは保険会社が支払いそれを
受取人がもらう会社と受取人との取引となるため法律上では相続という
扱いとはなりません。

このことを考えておかないとある男性に相続人が二人いたとして
片方には預金を、もう片方には保険金をと均等に割り振ったつもりでも
保険金を相続代わりにもらったほうは法律上では相続財産を預金を
もらったほうにもっていかれたことになるため遺留分(相続の最低権利)
を主張し、預金をもらった人からさらに取り分を奪い取ることが
法律上可能になるわけです。

相続人同士が仲がよければ問題とはならないでしょうが、そうとばかり
も限らないので注意しなければいけない点ということになります。

税金知識のページ 個人事業を法人化した時の違い 利益の計算式と解説
損益分岐点 住宅ローンの
審査基準と諸費用
失業保険
住宅ローンの固定と変動契約時の金利 交際費と経費のこと 減価償却費とは
減価償却費の計算法 小規模企業共済制度
の節税とデメリット
お金を増やす方法一覧
ギャンブルの還元率 源泉徴収、年末調整とは マイホームと賃貸
自己破産 離婚、養育費 駆け込み需要
世帯別の生活
TOP