所得税の税額表と給与所得控除一覧

所得税は収入すべてにかかるわけではなく、収入から必要経費を差し引いた額が
対象となります。所得税は給与の他に退職金にもかかります。

また給与の所得税は累進課税方式になっていて金額が上がればあがるほど税率も高くなっていく
方式をとっています。所得格差をなくすためもあるでしょう。
金額ごとの税額表は下記のようになっています。収益は経費を差し引いた金額です

収益 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万1円以上、330万円以下 10% 97500円
330万1円以上、695万円以下 20% 427500円
695万1円以上、900万円以下 23% 636000円
900万1円以上、1800万円以下 33% 1536000円
1800万1円以上 40% 2796000円

上記の税額表に加え、1000万円の所得を超えた場合にはさらに消費税がかかることになります。
消費税は事業の種類によってはかからず、サラリーマンは払う必要がありません。

また、事業主もサラリーマンも所得額にかかわらず、10%程度の住民税もここにプラスされます。

・給与所得控除

個人事業主は給与から仕事に関連する機材などを購入した分は経費として課税対象から差し引く事が出来ます。
しかしサラリーマンはそんな事できませんよね。
だから不公平をなくすため、会社員の給与からは一定割合で控除を行い経費が使えない分のかわりにするという
制度があり、これを給与所得控除といいます。概要は下記の表です

年間収入 給与所得控除
65万円以下 65万、ようは全額控除
65万円超え、180万円以下 収入×0.4
180万円超え、360万円以下 収入×0.3 + 18万
360万円超え、660万円以下 収入×0.2 + 54万
660万円超え、1000万円以下 収入×0.1 + 120万
1000万円超え 収入×0.05 + 170万

また、「復興特別所得税」は基準所得税額の2.1%を納めなければいけません。

贈与税について 個人事業を法人化した時の違い 税金と確定申告
株やギャンブルの税金 退職金について 利益の計算式と解説
青色、白色、確定申告 損益分岐点とは、
計算式と利益の分析
消費税の免除
所得 障害者と税金 住宅ローンの
審査基準と諸費用
失業保険の条件に
よる金額など-ハローワーク
住宅ローンの固定と変動契約時の金利 交際費と経費のこと
節税として経費にならない例 法人税とは、知識と対策、節税など 減価償却費とは
減価償却費の計算法 配偶者控除 小規模企業共済制度
お金を増やす ギャンブルの還元率一覧 源泉徴収とは
マイホームと賃貸 自己破産 贈与時の控除
離婚、養育費や財産分与 駆け込み需要の危険 世帯
利息について 軽自動車 法定利息
相続と保険 TOP