障害者の税金、所得税の控除

障害者控除

下記に該当する方は「27万円」の所得税の控除を受けられます。
・身体障害者手帳の「3~6級」
・療育手帳の「Bの1」「Bの2」
・精神障害者保健福祉手帳の「2級」「3級」

特別障害者控除

下記に該当する方は「40万円」の所得税の控除を受けられます。
・身体障害者手帳の「1級」「2級」
・療育手帳の「A~Aの2」
・精神障害者保健福祉手帳の「1級」

同居特別障害者扶養控除

同居の配偶者または扶養親族が身体障害者手帳の「1級」「2級」
に該当する方は「75万円」の所得税の控除を受けられます。

相続税

相続人が障害者であれば、85歳までの年数1年につき6万円が控除されます。
また、特別障害者であれば、1年につき12万円となります。

贈与税

特定障害者の方の生活費などに使ってもらうため、贈与されたお金について、
特別障害者の方は6,000万円まで、特定障害者の方は3,000万円まで贈与税がかかりません。

税金知識のページ 個人事業を法人化した時の違い 利益の計算式と解説
損益分岐点とは、
計算式と利益の分析
住宅ローンの
審査基準と諸費用
失業保険の条件に
よる金額など-ハローワーク
住宅ローンの固定と変動契約時の金利 交際費と経費 減価償却費とは
減価償却費の計算法 小規模企業共済制度のデメリット お金を増やす方法
ギャンブルの還元率一覧 源泉徴収、年末調整とは マイホームと賃貸
自己破産 離婚と養育費 駆け込み需要のデメリット
世帯 銀行預金 軽自動車
法定利息の上限 相続と保険 TOP