退職金の税金計算方法と節税について

・退職金とは

社員が会社を途中でやめる、もしくは定年によりやめることとなった時支払われるお金で。
普通退職金は沸いてでてくるものではなく、会社側が本来支払うべき給料を貯めておき退職時に
一括で支払います。

会社によっては何年以上勤めた社員にだけ支払うという方針にしていることが多いようです。

また、社会保険制度などで退職によって支給される一時金や退職年金契約に加入していて、
生命保険会社や信託会社から受ける退職一時金なども退職金に含み課税対象となります。

・節税について

前項で記載したとおり退職金は本来給料に組み込める金額です。
ですが退職金として支払うことでかなり節税になるのです。
そのため、自分で給料を決められる社長も節税のために多額の退職金を
積み立てている人もいます。
下記に詳細を記載します。

固定控除額がある 退職金のうち80万円は控除額として課税対象になりません。
80万円以下なら税金は0です。
勤務年数に応じた
控除額がある

社員の勤続年数が20年未満の場合は上記の80万円にプラスして
さらに「40 × 勤務年数」万円の控除が受けられます。

さらに20年を超えた勤務の場合は「70 × 年数」となります。

ただし、20年までは40万円の控除計算なため20年以上の場合の計算式は
「800 + 70 × (勤務年数 - 20)」となります。
スポンサード リンク
税金知識のページ 個人事業を法人化した時の違い 利益の計算式と解説
損益分岐点とは、計算式と利益の分析 失業保険 住宅ローンの固定と
変動契約時の金利
交際費と経費のこと 減価償却費とは 減価償却費の計算法と内容
住宅ローンの
審査基準と諸費用
小規模企業共済制度
の節税とデメリット
お金を増やす方法
ギャンブルの還元率一覧 源泉徴収、年末調整とは マイホームと賃貸
自己破産のメリット 離婚、養育費や財産分与 駆け込み需要の話
世帯別 預金利息 軽自動車
法定利息の上限 相続と保険 TOP