贈与税とは-税率と知識

贈与税の対象となる贈与金は財産の受け渡しの時のお金です。
これはものを購入してあげた、もしくは所有物をあげた、という場合も同じく対象となります。
また生命保険金の受け取りでも発生する事があります。

現在ほとんどの人が意識していないと思いますが、これは贈与税が年間110万円を超える
額になった場合だけ支払い義務が生じるからです。
税金を納めるのはもの、もしくはお金を受け取った側です。
普通は誕生日プレゼントをあげた、などは金額が少ないため、課税対象になりませんが、
車や家を買ってあげた場合などは対象になりそうですね

計算式は(贈与額-110万円)×税率-控除額=税額になっています。
税率と控除額は下記です。

贈与額-110万円 税率 控除額
200万円以下 10% 0円
300万円以下 15% 10万円
400万円以下 20% 25万円
600万円以下 30% 65万円
1,000万円以下 40% 125万円
1,000万円超 50% 225万円

・下記の贈与は課税対象外

 「離婚した際の財産分与」

 相続税は遺産などで得たお金すべてが課税対象となり、給与などのように
 節税などといって課税額を減らす事が出来ません。

・相続税

 相続税は遺産などで得たお金すべてが課税対象となり、給与などのように
 節税などといって課税額を減らす事が出来ません。

 ですが、控除額が大きいため実際に支払わなければいけないのは多額の相続を
 受けた人に限るでしょう。

 また配偶者には相続税がかからないというルールもあります。

税金知識のページ 個人事業を法人化した時の違い 利益の計算式と解説
損益分岐点とは、計算式と利益の分析 失業保険 住宅ローンの固定と
変動契約時の金利
交際費と経費のこと 減価償却費とは 減価償却費の計算法
住宅ローンの
審査基準と諸費用
小規模企業共済制度
の節税とデメリット
お金を増やす方法一覧
ギャンブルの還元率一覧 源泉徴収とは マイホームと賃貸
破産 離婚、養育費 駆け込み需要
世帯別の生活 預金利息 軽自動車
法定利息の上限 TOP